無題ドキュメント

縮毛矯正 Archive

縮毛矯正の仕上がり具合

Posted by: | 2008年 4月 7日 | 縮毛矯正

 

 

   DSC_2214.JPG

 

  DSC_2228.JPG

 

09 5月1日更新

貴志華様です

 ビフォアーアフターはこちらから

縮毛矯正をされたお客様へ

Posted by: | 2007年 12月 11日 | 縮毛矯正

縮毛矯正とはくせ毛を矯正するものです。



  
縮毛矯正とストレートパーマを一緒ににしているサロンもありますが、最近では、ストパーと縮毛矯正を分けて考えるのが一般的です。

ちょっと難しい話になりますが・・・
少し我慢してお読みになってくださいネ!
ストパーと縮毛矯正の違いを説明しますと、シスチン結合を切断、再結合させるのをストレートパーマと呼び、加水分解によるパーマの応用を縮毛矯正と呼んでいます。
要するに、アイロンを使った技術が縮毛矯正となります。

また、加水分解は髪に負担が大きすぎて悪いと説明しているサロンもありますが、加水分解自体はアルカリと熱によりタンパク質を分解することなので、パーマに応用した場合、保水性があり、水分を与えると水分による艶としっとり感が得られるというメリットもあります。

縮毛矯正の技術は紙一重のところがあり、熱を入れすぎたりすると、タンパク質を溶かしたり変性させたりします。
また薬剤(1剤)の膨潤軟化(薬剤の浸透反応)が非常に重要で、すべてといってもいいんです。

軟化不足だと、どんなに上手なスタイリストがアイロンやドライヤーをしても伸びません。反面、軟化しすぎると髪はチリチリになります。
まして、根元に薬がついてしますと毛が切れてることもあるんですよ。
ですからSAYOでは根本1.2cmは薬剤を付けないように心がけております

基本的に、縮毛は髪の毛1本あたりの水分量がまちまちです。
その水分量の違いが、雨の日に髪が膨張したり、落ち着かな~い、なんてよくある話です。
そこで、毎朝お手入れに納得いかない方に左の(リス・エクストリーム)洗い流さないトリートメント!
髪内部の水分量を一定に整える簡単トリートメントをぜひお使いになってください。

それ以外にもsayoでは縮毛矯正、ストレートパーマの知識、技術など、日頃からレッスンに励んでおります。
お客様で解らないことがありましたら、是非ご相談ください。

縮毛矯正施術内容

Posted by: | 2007年 12月 11日 | 縮毛矯正

根元の自然な立ち上がりを ツインブラシ またはデンマンブラシでの ブロー で作り上げ、 2~3種類のアイロン で丁寧に定着させていく、 ブローアイロン併用式 のオリジナル技法による矯正法です。

定期的に矯正をかけている毛髪は、根元~中間~毛先 それぞれが髪の健康状態も毛髪強度もクセの強さも全然違います。

インターモードSAYO では、毛髪の状態などを見極め 、数種類のパワーの違う薬剤を丁寧に塗り分け、薬剤の全く必要としない部分も、他の薬剤が流れても大丈夫なように、保護剤をしっかり塗布いたします。

お一人当たりの施術時間に3時間30分の枠をご用意しており、急いで手抜きをするような施術は行わず、じっくりお一人様ごとにお時間を使っております。

じっくり施術を行うため、1日で予約をお取りできる人数も2人を限度とさせて頂いているため、日によって予約がお取りしにくい場合もございますので、ご了承下さい。

SAYO では、1年間で約400人の縮毛矯正を施術するほどの経験があります。もちろん、SAYOでも完璧ではありません。

仕上がりも好みはございますので、現在のリピート率は約70%~80%です。これを100%まで持って行こうとも考えておりません、既存のリピートしていただいている、7~8割のお客様の満足度を上げていければと思います。

最近良く見かけるのですが痛まない矯正など理論的にありえないと考えております。

色々な矯正の種類があると思いますが、髪の毛の使うことの出来る薬剤は 薬事法によって、完全に決められていますので例外はありません。

名前と色とにおいと添加物と値段と宣伝方法などを変えて、各メーカが一生懸命考えて発売しております。 SAYOでは、基本的にクリーム状のチオと言う薬剤ベースのもので仕上げてまいります。

傷まない矯正 は提供出来ませんが、傷む原因を最小限まで抑えた、傷みを感じさせない手触りの矯正は提供することが出来ます。

5mmスライスのアイロン操作
インターモードSAYOでは約5mm~1cmの毛束でアイロンを掛けます。他のサロンのように2~3cm位の手抜きなアイロンは行っておりません。

縮毛矯正施術内容(2)

Posted by: | 2007年 12月 11日 | 縮毛矯正

 

トリメントサプリの勧め

 

 

 

■ダメージ補正   10,500 円         施術時間1~2時間 

※プレシャンプー・組込反応型トリートメントシステム「 Rin 4」・毛先ダメージ補正

※トリメントサプリ



 プロホームケアセット 1 ヶ月分プレゼント

08perfector[1].gif

¥2,940

他店でひどい状態(ビビり、チリツキ、ビリビリ状態)にされてしまった、毛髪の納まり感をある程度復活させることが出来ます。

当店でDrストレートを施術されているお客様に限ります。

 

Rin4(リンフォー)

当店では、Drストレートをご利用されているお客様にすべてRin4(リンフォー) システム(組込反応型 中間処理剤)を採用しています。

Rin4は熱処理の工程を挟むものに十分な効果を感じることができます。熱処理の工程を挟むものに高い効果を出しやすいため、矯正や、コテパ、デジパなどに中間処理剤として組み込むと、それぞれが反応を起こし柔らかな被膜を形成します。

その被膜がさらにアイロンなどの高熱から毛髪表面を保護します。開発はすべて現役の美容師がおこなっているため、無駄な処方は一切行っておりません。

概要

■ケラリン
全成分表示:水、グアーヒドロキシプロピルトリモニウムクロイド、加水分解ケラチン、加水分解コラーゲン、 DPG 、メチルパラベン、フェノキシエタノール、カラメル

■キトリン
全成分表示:水、カルボキシメチルキトサンサクシミナド、 PEG- 6コミカド、 DPGヒドロキシプロピルキトサン、メチルパラベン、フェノキシエタノール、青 W2

■ぺリリン(ぺリセア原料濃度20 % ・純分6・6%)
全成分表示:水、ジラウロイルグルタミン酸リシンNa、ベンチレングリコール、赤104

ペリセアとは・・・?

熱を加えると形状記憶パーマ?

Posted by: | 2007年 12月 9日 | 縮毛矯正

 

 

熱を加えるとなぜ形状記憶パーマ?

 

 

熱を加えたパーマがなぜ?形状記憶なのか?

 なんかいゆうとんねん (。・ω・)ノ゙ コンチャ

 

 

 

 

 

 

アイロンパーマ理論で説明しますと、通常アイロンパーマに使用する

アイロンは片熱ですね、ロッド部分が発熱するだけです、しかし矯正用

アイロンは両熱ですよね、美容師さんなら経験あると思うのですが

アールが付いてる矯正用アイロンや通常の矯正用アイロンで毛先に

ゆるいアールをつけてもその時は一時的に形がついていても

2液処理した後乾かしたら、そんなにアールが付いていなかった、

まっすぐになっちまった事があると思います。

 

 

これは両熱により髪の内側と外側に均一に熱が入るからです。

毛先に動きをつけたい場合、動きをつけたい部分まで矯正用の

アイロンをかけて(毛先まで1度熱を入れてはだめ)動きをつけたい部分

だけ片熱のアイロンで(丸めたい方の内側に熱がくるように)かければ

乾いた時にクルンヾ(@^▽^@)ノ ワーイってかかります、

デジタルパーマと原理は一緒ですね!あれも内側から熱の放射

ですよね片熱です、アイロンパーマは熱の差異によってカールが

形成します、つまり熱が当たった側がその形状で記憶してしまい、

乾いた時に熱が加わった時の状態になろうとするんです!

 

 

 

 

上に歴史のところにありますが高温アイロンを使用してパーマを

かける基準は1999年に制定されました、つまりそれ以前にやっていた

アイロンパーマはグレーゾーンだったわけです、だからパーマがかかる仕組み

はいろいろなところで文献が出てきますが熱を使ったパーマの仕組みは、

ほとんど文献としては出ていません、今現在熱を使ったパーマが

乾くと形状記憶になるのはなぜか?メーカーの方におたずねしても

しっかりとした説明がもらえないのが現状です。

 

  

 

私の知り合いの先生のお考えなんですが、タンパク質はある程度

の熱が加わると、結晶性が高くなり規則正しく並びます(髪に熱を

入れると、マトリックスタンパクが熱により結晶化します、急激に

過剰な熱が加わるとアルファーへリックスなどのフィブリタンパクも

結晶化してそれが髪が硬くなる原因の一つとなりますので注意)それと

熱による水素結合の組み換えをともないます(下図参照)

 

 

 

 

  

ストレート原画2.jpg

 

 

 

 

熱を使うパーマはこの両方の特性とSS結合の還元・酸化を利用して
かかるものだと考えています.熱で構造変化を起こしたタンパク質は
元の形に戻り難いのと、乾いてる時にその変化した形になろうとするので
方向性のあるカールや乾くとまっすぐになろうとする縮毛矯正になるのです。
熱による構造変化はいわゆる【タンパク変性】の一つにあたります、
しかしその割合は正しいプロセスで行われていれば、強い薬液を使った
としても髪全体の5%程度と言われています、その程度なら【変性】という
程ではありません、手触りも硬くなりません、しかし必要以上に熱が
加えられるとタンパク質は急激に変性を起こし破壊の方向に進みます

 

 

 

【180℃3秒の法則】

 

 

こういう状態になると髪は硬くなってしまいます、(*_*;
よく[縮毛矯正=タンパク変性=髪が硬くなる]と認識しているとこも
多く見かけますがすべてがそうなるわけではありません、
正しいプロセスで施術をして変性の割合を少なくすれば綺麗な
縮毛矯正ができることをご理解ください。

 

ストレートパーマの歴史

Posted by: | 2007年 12月 8日 | 縮毛矯正

ストレートパーマ年表

コチラをクリック

ストレートパーマ?縮毛矯正?

ストレートパーマと縮毛矯正の区分はかなり曖昧です、サロンによって判断もまちまちです、これはこの業界にこれがストレートパーマでこれが縮毛矯正だと言う基準がないからなんです、ストレートパーマも通常のパーマと同じでシスチン結合を切断、再結合し、まっすぐに固定します。イオン(塩)結合も同様です、パーマとの違いはロッドを使用する代わりにパネルを使用するか(現在は使用禁止)、ストレーナーやコーミング等でまっすぐにすることだけです、曲がった毛をまっすぐに伸ばす、この作業はウェーブを求める作業とまったく同じです、最近ではストレートパーマをパーマ落としという位置づけのサロンもあります(当店もそうです)、当店では元々直毛の方がパーマをかけていて、パーマを落とす等の技術をストレートパーマ、熱を使って伸ばすのを縮毛矯正と位置づけてます、薬液により結合を切断、再結合するという原理は共通する部分がありますが大きな違いは熱を加えるか加えないかです。

西洋と日本の美容文化史 

Posted by: | 2007年 11月 14日 | 縮毛矯正

 

西洋と日本の美容文化史

西洋
時代
(西洋)
政治・文化
(西洋)
美容文化
日本
時代
(日本)
政治・文化
(日本)
美容文化
古 代 エ ジ プ ト 時代

BC3100~ 早期王朝

BC2850~2750 第1王朝

BC2650~2200 古王国時代
 サッカラの階段式ピラミッド
 クフ王の墓
 ギゼーの大ピラミッド
BC2050~1778 中王朝時代
 全エジプトの統一
BC1570~ 715 新王朝時代
BC1301~1234 ラムセス2世
BC1230      モーゼ・エジプト脱出
BC 715~332  後期王朝
BC30       クレオパトラ自殺 
           エジプト滅ぶ

かつらの使用


化粧品の発達

目の化粧

香油の使用

オイルマッサージ
原始ー古墳時代 固 有 風 俗 時 代 原始社会・・・狩猟採集






縄文時代・・・民族社会






弥生時代・・・農業小国家






189 卑弥呼・邪馬台国
    女王となる





391 日本軍出兵
    百済・新羅を属国とする
垂髪


美豆良


まげ・・・島田髷


はちまき


水鏡


顔赤め


入れ墨


おはぐろ


かざし
ギ リ シ ャ 時代 BC1800~ エーゲ海文明
BC900~  ギリシャ文化の曙光
BC700~  ギリシャ・アルカイック文化
        イソップ(童話作家)
BC650~  諸都市の創立(ポリマ)
BC447   パルテノン造営 
       ギリシャ古典文化の黄金時代
      ヘロドトス、ソクラテス
      プラトン、アリストテレス
AD200

自然な健康美
ウェーブの美

ヘアピン、リボン
ヘアネット、冠、
ベールの使用
ヘアカラー
(白、赤、金の髪粉)
香料の多用
ロ ー マ 時代 BC700頃  伝説上ローマ建国
       王政が行なわれる
BC509   ローマ共和政治始まる(伝承)
BC272   ローマ、イタリア半島統一
BC180頃  ヘレニズム文化の流入
BC63    第1回三頭政治
BC27~AD アウグスツス
        ローマ大土木工事おこす
AD30  キリスト教の成立、キリスト教迫害
117~38   ハドリアヌス
        ローマ帝国の領土最大
311     キリスト教寛容令 
        (コンスタンチヌス大帝)
395     帝国、完全に東西に分立
人工的、構築美

ヘアアイロン・カール
(ローラー)使用
カラーリング



かつらの使用

香油・香料の使用

公衆浴場↓
マッサージ
中 世 ビ ザ ン チ ン 395   東ローマ帝国コンスタンチノーブル
      を首都とする
530   モザイク工芸全盛
732   ローマ教皇と対立激化
843   コンスタンチノーブル公会議
      (聖体像崇拝の許可)
840代  ビザンチン文化復興
988   ロシア人・ギリシャ正散帰依
1045  コンスタンチノーブル法学校設立
1099  十字軍士、エルサレム王国建設

三ッ編

ヘアネット(宝石付)
トーク帽

人工的化粧
眉、目、口紅

東方文化の
影響を受ける
飛鳥・白鳳・奈良(天平)ー平安時代 韓唐風模倣時代 593 聖徳太子摂政となる
607 第1回遣隋使
645 大化の改新
661 律令国家の開始(天智)
672 壬申の乱
701 大宝律令(文武)
仏教国家の出現
712 古事記
720 日本書紀
752 東大寺大仏開眼
682年(天武)
結髪令
高髷
垂髷
鳥毛立女屏風
紅の使用
白粉の使用
花子
花鈿
おはぐろ
貴族文化社会
794 平安京遷都
805 天台宗(最澄)創む
806 真言宗(空海)創む
850 藤原氏台頭
879 小野小町没
905 古今和歌集
930 摂関政治成熟
1000?枕草子
1012 源氏物語
1053 平等院落成
1066 大鏡・今昔物語
1167 平氏の政権
1185 屋島・壇の浦戦い
    平氏没
1190 西行・山家集
ロ マ ネ ス ク       イングランド・フランス王国・ドイツ
1010頃  ローマ教会は
      「神の平和」「神の休戦」布告
1031~60 アンリ1世(フランス)存位
1025頃  宮廷騎士の叙事詩
       「ルーオトリーブ」(ドイツ)
1042~66 エドワード王
      (サクソン・イングランド)
1077  カノッサの屈辱
  (ハインリッヒ破門赦免を教皇に哀訴)
1096~99 第1回十字軍遠征
1098   シトー教団創設
1147~49 第2回十字軍遠征
1150頃  アーサー王物語この頃成る
1167   オックスフォード大学の始め
1170   パリ大学起る


ヘアピース


ベール


フード
国 風 発 達 時 代 垂髪・・・大垂髪

鬢そぎ

白元結

目刺姿

ぼかし眉

白粉



十二単衣
ゴ シ ッ ク 1175~84 カンタベリー寺院再建
        (英、ゴシック初)
     この頃よりゴシックが盛んとなる
1194~1260 シアトル大寺建築
1199~1216 ジョン王(イギリス)
1215  マグナカルタ(大憲章)制定
1209~33 ケンブリッジ大学創立
1241  蒙古・ドイツに侵入(ヨーロッパ)
1250  ヨーマン(自営農)の成立
1280頃 色ガラス・ビンの製造始まる


エナン


トーク帽、ウィンブル
鎌倉時代 武家政治
1192 頼朝征夷大将軍
     鎌倉幕府
1205 新古今和歌集
1212 方丈記
1219 頼朝暗殺される
1243 平家物語
1274 元冠の役
垂髪


玉結び


桂包
ル ネ ッ サ ン ス 1250頃 ローマ教皇庁世俗化
      (諸邦の紛争で)拡大
1250頃 ヴェネチアの隆盛
1250頃 ヴェネチアでガラス鏡発明
1271   マルコポーロ東方に出発
      イタリア人文主義
      ダンテ 1265~1321
      ペトラルカ 1304~1374
      ボッカチオ 1313~1375、
      ジォットー 1266~1337
1338~1458 英仏百年戦争
1347~51 全ヨーロッパペスト大流行
1350頃  シュワルツ、火薬発明
1400   チョーサー死亡
       (カンタベリー物語)
1400   フィレンツェのルネッサンス
1402   パリに常設劇場生れる
1429   ジャンヌ・ダルク出現
1434~94 フィレンツェ、メディテ家就政
1450代  ルネッサンス全盛期
1470代  ヴェネチア衰退
       ダ・ヴィンチ 1452~1519
       ポティチェリ 1440~1510
1485~1509 ヘンリー7世(英)
         専制君主在確立
1500代(伊)ヘレニズム遺品発掘
1500代(伊)アルプス以北の人文主義起る
      アメリカ大陸の発見
   タバコ、ジャガイモ ヨーロッパに伝う


ブロケード



自然なウェーブ



ベール



帽子の使用



香水の多用



つけボクロ



自然と調和の美
南北朝時代 1338 足利尊氏征夷大将軍
1354 近江土一揆

1394 室町政権確立(義満)
1397 金閣寺建立
1434 勘合貿易始まる・明
1467 応仁の乱

諸国で下克上起る
1489 銀閣寺建立(義政)
1543 鉄砲伝来・ポルトガル
1549 キリスト教伝来ザビエル
1573 室町幕府滅ぶ
1553~1564 川中島の戦
1560 桶狭間の戦

この頃ヨーロッパ毛織物輸入
1562 琉球より三味線渡来
1575 大砲伝来
1576 信長安土城に入る
1582 信長没
1583 秀吉関白となる
1588 刀狩り令
1591 千利休自殺
1592 朱印船制度を定む
1593 天草本・イソップ物語
    平家物語開版
1600 9月、関ヶ原の戦
白拍子の出現

作り眉
室町時代 着物の完成


能衣装


茶の湯
安土桃山時代 国 風 全 盛 時 代 南蛮文化

色白粉

唐輪髷

根結い

束髪

玉結び

禿
近 世 バ ロ ッ ク 1620  メイフラワー号アメリカへ
1642~49 ピューリタン革命
1643~1715 ルイ14世(仏)統治
1649  イギリス共和制となる
1651  クロムウェル航海条例
1672  ルイ14世ベルサイユに移る
1679  イギリ騎士議会解散
1689  信教自由令権利法典
1689  イギリス・フランス植民地戦争
1694  イングランド銀行設立
アティフェ髪型の流行
かつらの大流行
フォンタンジュ風流行
頬紅使用



調髪師現れる
江 戸 時 代 1603 家康江戸開幕

1614 キリシタン追放

1616 鎖国

1635 参勤交替制の確立

1687 生類憐みの令

弊政と享保の改革

1703 大石他赤穂浪士切腹

1709 生類憐みの令廃止

1723 新田開発推進

1764 平賀源内石綿創製

1765 関東農民
    20万人大一揆

1774 解体新書出版

1776 雨月物語

1778 古事記伝

1778 倹約令

1783~88 天明の大飢饉

寛政の改革

1790 江戸銭湯混浴禁止

1797 イギリス船室蘭に来航

1798 古事記伝完成

1806 江戸町人に御用金を命ず

1808 間宮林蔵、樺太探検

1810 大阪町人に御用金を命ず

1815 座頭の高利貸しを禁ず

1825 異国船打払令

1828 シーボルト事件

1830 全国的大飢饉続く

1834 水野忠邦老中となる

1837 大塩平八郎の乱

1840 (アヘン戦争)

1841 天保の改革

蝦夷と開国

1853 ペリー(米)浦賀に来航

1855 洋学所設置

1860 桜田門外の変
町人文化の発達

日本髪の完成

島田髷

勝山髷

兵庫髷

元禄髷

紅・口紅・頬紅

歌舞伎文化の影響

日本髪の四要素

前髪・ビン・タボ・髷

髪装飾品の工夫

白粉・・・鉛白

水銀(伊勢白粉)

紅・・・口紅のみ

額の際作り

おはぐろ・眉落し

江戸の水

髪油・伽羅

町人文化の燗熟期

女結髪師の出現

二百種以上の髪型

ビン挿し・タボ挿し

張籠等結

髪小道具広く使われる

身分と結髪の定

着化

粋の文化

かた紅とつや紅の使用

目のふち等ぼかし紅
ロ コ コ 1707  イギリス・スコットランド合併
     大ブリテン王国
1715~74 ルイ15世
1745~64 ポンパドール夫人政権干与
1751~72 フランス百科全書編集
1753  大英博物館設立
1762  ルソー「民約論」
1764  イギリス砂糖条例(アメリカ圧迫)
1767  重農主義(フランス)
1774~92 ルイ16世
1774  マリーアントワネット王妃となる
1776  アメリカ独立宣言
1785  マリーアントワネット首飾事件
1789  フランス革命起る
1793~4 ルイ16世・アントワネット処刑
ポンパドールスタイル
高い髪形の流行
髪粉の使用
香粧品が出回る


オーディコロンの
始まり


かつらは必需品となる
近  代 ナ ポ レ オ ン 時代 1796  ナポレオン、イタリア遠征
1799  ナポレオン総統に就任
1801  大ブリテン
     アイルランド連合王国となる
     英・国旗(ユニオンジャック)制定
1804~14 皇帝ナポレオン1世
1810  ナポレオン、マリー・ルイーズと結婚
1814  スチーブンス「蒸気機関車」試運転
1814  フランス・ブルボン王政となる
     ルイ18世
かつらの廃退

アポロノット

タイタス風ヘア

シミーズ・スタイル

Dr.カロン著
「美の百科全書」
ビーダーマイヤー 1822~27 イギリス外相カニング、諸国
        自由主義運動を支援
1827  スイス、ペスタロッチ死(1746~)
1829  イギリス・ロス磁気北極の測定
1830  オーストラリア産業革命に入る
1835  バルザック「谷間の百合」
ショートヘア


帽子の流行
ヴィクトリア時代 1837~1901 エリザベス女王即位
1838  フランス・タレーラン没
1839  ドイツ少年労働の禁止
1839  イギリス、ペニー郵便制度成立
1845~47  アイルランド飢饉と全国恐慌
1846~47  フランス・全国的大不況高騰
1846  自由貿易政策(イギリス)
1848  マルクス「共産党宣言」

ヴィクトリア女王が
中心となる流行

シニョン・スタイル

美容書刊行
第 二 ロ コ コ 時代 1851  ロンドン世界博覧会
1851  ターナー(イギリス)没
1852~70  皇帝ナポレオン3世
        (フランス第2帝政)
1853  労働保護法(プロシャ)
1854  英仏クリミア戦争に介入
1857  経済恐慌全ヨーロッパで
1857  ボードレール「悪の華」
1859  ダーウィン「種の起源」
1861  ロンドン労働協議会成立
1862  ユゴー「レ・ミゼラブル」(仏)
1863  ロンドンに地下鉄開通
1863  ビスマルク執政(プロシャ)
1864  第1インターナショナル設立
     (ロンドン)
1864  ジュネーブ
     赤十字(国際)結成
1867  パリ・万国博覧会
1867  アメリカ・アラスカを買収
1870  イタリア統一の完成


細長い巻毛を
両サイドに

頭飾品(リボン等)

ミニョンスタイル

ローションの多用

バッスル・スタイル

アールヌーボー 1871 パリ・コミューンの乱
     ドイツ帝国建設
1884  アフリカ分割・ベルリン会議
1884  フランス「自殺詩」の運動
1890  ビスマルク下野
1898  キューリー夫人
      「ラジウム」発見
1906  セザンヌ没
新芸運動
1890~1910
マーセルグラトー
マーセルアイロン
ポンパドール
フォルスヘア
チャールズネスラー
(1905)
明治時代 和 洋 混 交 時 代 1867 大政奉還
1868 明治維新
1871 断髪令
1877 西南の役
1883 鹿鳴館落成
1885 内閣制度実施
1888 「君が代」国歌とする
1889 大日本帝国憲法発布
1892 ロマン主義文学おこる
1894~95 日清戦争
1900 北清事変
1904~05 日露戦争
1910 大逆事件、日韓併合
1871・断髪令
1878・化粧水
(「小町娘」発売)
1883・鹿鳴館時代
和洋混合の風俗流行
1885・日本束髪会発足
夜会巻
束髪
1899・美顔術紹介される
1901・理髪業取締規則
「髪結いどころ」として繁昌
1910・クリーム等発売
ベル・エポック 1909  アンドレジ-ド「狭き門」
1909  メーテルリンク「青い鳥」
1910  ナイチンゲール没
1914  サラエボの凶変
良き時代
(1900~1914)
ギリシャスタイル
バニシングクリーム発売
化粧は立体的、色豊富
1920年代 1914  第1次世界大戦
1916  アインシュタイン「相対性理論」
1918  ドイツ降伏、ドイツ共和制に
1919  ルノワール没
1920  ヴェルサイユ条約批准
1920  第1回ナチス党
1922  ムッソリーニ、ファシスト内閣成立
1922  マルタン・デュ・ガール
      「チボー家の人々」
1922  ソビエト連邦成立
1925  実用的テレビジョンの発明(米)
1926  モネ没、リルケ(ドイツ)没
1929  世界大恐慌おこる

ボーイッシュスタイル
「ギャルソンヌ」1992~


ヘレナ・ルビンスタイン
化粧品の産業化


ガブリエル・シャネル


以後45年迄不況の時代
大正時代 1912 大正天皇即位
1912 タクシー始まる
1913 芸術座創立
1914 第1次世界大戦
1914 浅草オペラ開場
1917 人道主義文学論起る
1918 シベリア出兵、米騒動
1920 国際連盟加入
    日本最初のメーデー
1922 帝国ホテル落成
1923 関東大震災
1923 東宝映画設立
1925 治安維持法、普選法
1913・女子美髪学校
以後各地に学校創設

1918・理髪試験行う
女優まげ
国産リップスティック発売
マーセルウェーブ導入
洋髪
練り紅・水紅の使用
頬紅の使用
不況時代 1930  ロンドン軍縮会議
1931  英連邦の成立
1931  ヒットラー首相となる
1933  ルーズベルト大統領
     ニューディール政策
1936  日独伊防共協定
1939~45 第2次世界大戦
ポンパドール型スタイル


ページボーイ


ヘアカラーの流行
昭 和 時 代 1927 金融大恐慌起る

1927 東京地下鉄開業

1931 満州事変

1932 満州国建国

    5・15事件

1933 国際連盟脱退

1936 2・26事件

1937 日中戦争起る

1938 国家総動員法発令

1939~45 第2次世界大戦

1940 日独伊軍事同盟

1945 ポツダム宣言受諾
1930・パーマネントウェーブ
の導入



1940・贅沢品禁止
パーマネントの禁止




1942・電力消費規制
美容院の営業自粛



三ッ編、おかっぱ
シニョン
1950年代 1946  第1回国連会議
      パリ平和会議
1947  イタリア共和国成立
1949  北大西洋条約成立
1953  東ベルリン反ソ暴動
1953  エベレスト初登頂
      (ヒラリー、テンジン)
1954  インドシナ休戦協定(フランス)
1957  ECC共同体調印
     史上初の人工衛星
     スプークトニク1号
     の打ち上げに成功
パーマネントウェーブ
の一般化

美容室の増加

カールとウェーブの
小さな頭

マニキュアの大流行

ポニーテール
1960年代 1960  カミュー没
1961  ケネディー大統領
1964  中華人民共和国成立
1968  パリ大学デモ全国へ
1968  ケネディー暗殺
オーソドックスな
ファッション
ページボーイ
アップルスタイル
共にボリュームのある髪
クリスチャンディオール
1970年代 1971  中国、国連加盟
1972  ニクソン 中国訪問
1972  沖縄返還
1975  ベトナム介入終了(アメリカ)
1977  エルビス・プレスリー没
ロングの流行
ベルボトム
サングラス
サイケデリック
ビートルズ