無題ドキュメント

Home>炭酸システム

 

効果的な炭酸泉の作り方

sayo

炭酸システム

 

 



今日かねてから、お世話になっている水質検査機関の株)コーエキさんで、うちの炭酸泉の炭酸濃度を測定してもらいました。

前から何回か計ってもらったのですが、シャワーから出して会社まで持って帰って計るとどうしても炭酸が抜けてしまうので、今回は思い切ってうちまで試薬を運んでもらい検査する事にしました。

フォト

よくわからない試薬が並んでます・・・・・
炭酸測定法には2種類あって赤外線分析法とこのように試薬で炭酸水素イオンを測定して逆算してはかる方法があります。

両方やってもらいほぼ値が一緒だったので、かなり正確な値だと思います。

うちの炭酸システムはリアシャンプーのシャワーに直接つなげる形です

フォト

 

フォト


ボンベからシャワーまで5mです、自分で言うのもなんですがかなりシンプルにまとめてあると思います。

で、本題ですが

ミドポンのレギュレーターのメモリを3気圧にして、水温13℃にした時の炭酸濃度が一番高く

Phは約4.0、遊離炭酸濃度MAX 2034ppm
もありました。ビールが3000?4000ですのでかなり高い数値です

この温度はお店で行うには現実的ではないので、実際にうちで行っている状態で計ってみました

水温40℃ 1気圧 で計った場合

ph5.0 遊離炭酸濃度 MAX980ppm
もありました、これは40℃の水温ではほぼマックスと言って過言ではありません。


40度の水温で 3気圧、2気圧でも計りましたが、値はそれほど変わらず
気圧によって炭酸濃度が変わるわけではありません
(気圧が0.5以下だと極端に炭酸濃度が低くなるので注意してください)

ここで重要なのは効率的に炭酸濃度を上げる方法があります
炭酸濃度を左右するのは実は水圧にあります。
水圧が高ければ炭酸濃度が下がり
水圧が弱ければ炭酸濃度が上がります

なので、お店のシャワーの水圧に合わせ、泡がごぼごぼ出るくらいまで気圧を上げると
900pp以上の炭酸泉が簡単にできます。

逆に水圧を上げて通常のシャワーと同じ状態だと1気圧でもなんと16ppmしかありませんでした
これでは、ガスをただ捨てているようなものです。

結論!!!

炭酸はぬるめの温度でごぼごぼ泡が出るくらいでちょうどよい!!!

 

 

米 これは長谷川氏のブログよりコピペしています

    
    

Comment(0)

    

コメントフォーム

    
    

Trackback(0)

    

TrackBack URL for this entry

http://sayo.in/wp-trackback.php?p=534

Listed below are links to weblogs that reference

効果的な炭酸泉の作り方 from美容室sayo